bonobos

2001年8月結成。レゲェ、ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを飲み込みながらフォークへと向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団!2015年7月より蔡忠浩(V,G)小池龍平(G)田中佑司(Key)森本夏子(B)梅本浩亘(D)の5人体制になり、さらに精力的に活動中。2017年8月12日には6年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功に収める。最新作は2017年10月リリースの「FOLK CITY FOLK .ep」。2019年1月から全国ツアー「新春ファンシーSHOW」を控える。

kolme

宮城県仙台市出身のガールズユニット、kolme(KOUMI+RUUNA+MIMORI)。

メンバー自身が作詞、作曲、振り付けなど、クリエイティブ監修にも携わる“自作自演、最先端を追求する楽曲派ダンスミュージック”というスタイルが注目を集めている。

リリースした数々の曲が、各種配信サイトの人気プレイリストや海外のプレイリストにリストインするなど「今注目の曲」としてサブスクリプション・サービス界隈で話題。

おひつじ座流星群

2007年に宮城県仙台市にて結成したスカ/レゲエバンド。個性豊かなメンバーで構成された男女10人組。「楽しげ」と「万人受け」を兼ね備えた情緒的な楽曲と、老若男女問わず観る者を笑顔にさせるライブパフォーマンスを武器に、マイペースに活動中。フェスやイベントに多数出演し大物アーティストとも競演するなど地元仙台で唯一無二の存在となっている。

ホフディラン

日本が誇る2ピースPOPグループ。1996年「スマイル」で デビュー。1998 年には「遠距離恋愛は続く」「欲望」「極楽はどこだ」などお馴染みの曲は多数。FUJI ROCK FESTIVALへの参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させる。約3年半の活動休止後、2006年9月に活動再開。2017年10月18日に“5年ぶり”のニューアルバム「帰ってきたホフディラン」を古巣ポニーキャニオンより絶賛発売中!

ワンダフルボーイズ

OSAKAUNDERGROUNDのPOPMAKER、Sundayカミデを中心にCLUBMUSICをbaseにしたパフォーマンスは常にDANCE and MELLOWでフロアを沸かせている。
2019年4月遂にVictor EntertainmentよりAlbum『We are all』でメジャーデビュー。
「君が誰かの彼女になりくさっても」「天王寺ガール」などの代表作のイメージとは異なるDANCETUNEの連続で踊るステージは90年代のCLUBCULTUREを彷彿とさせている。

在日ファンク

浜野謙太(Vo)仰木亮彦(Gt)村上啓太(Ba)永田真毅(Dr)橋本剛秀(Sax)

村上基(Tp)ジェントル久保田(Tb)

 

新しい時代のディープファンクバンド、在日ファンク。

高祖ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら(在日)再認識しようと、音、思想、外観あらゆる面から試みるその様は目を覆うものがある。

しかし、それこそがまさにファンクだということに彼らはまだ気付いていない。

Analogfish

3ピースにして、2ヴォーカル+1コーラス。唯一無比のハーモニーを響かせる、希代のロックバンド。
vo,gtr 下岡晃の世に問う社会的なリリックと、vo,bass 佐々木健太郎の熱々な人間賛歌が、見事に交差する楽曲群と、drs,cho 斉藤州一郎のしなやかかつファットなプレイに、やられっぱなしの諸氏多し。

グルメ屋台inCHICA Fes

仙台・宮城のこだわり飲食店が集う人気イベント「二日食堂」がCHICA Fesに登場。

DRINK STORE

夏を楽しむキンキンに冷えたビールや地域のオリジナルドリンクなどを販売するドリンクブースが登場。

and more

comming soon

主催:CHICA Fes実行委員会(幹事社 株式会社comme-nt)

特別協力:仙台市交通局

協賛:

後援:

企画・演出・運営:株式会社comme-nt